ヤマアイ


埼玉県秩父市 2004.4.8 画像をクリック

 埼玉県秩父市 2007.3.13 画像をクリック
        ヤマアイ
トウダイグサ科ヤマアイ属 
Mercurialis leiocarpa

山地の林内や沢沿いなどに群生する
高さ30〜40cmの多年草。
雌雄異株で雄株の花は花火状。
葉は対生し、托葉があり、有柄、葉身
は長楕円状披針形で鋸歯がある。
3〜4月、枝先の葉腋から花被をだし、
小型の花を総状につける。
和名は山地に生える藍の意味で、昔
は染料として使用された。
西日本ではふつうに見られるヤマアイ
も、関東では珍しい。


   (雄花) 埼玉県秩父市 2004.4.8

   新潟県西蒲原郡 2010.3.20 画像をクリック

トップページへ  前ページへ