ヤマアサクラザンショウ


(果実)
長野県伊那市 2012.9.4 画像をクリック
       ヤマアサクラザンショウ
ミカン科サンショウ属
Zanthoxylum piperium f. brevispinum

サンショウの1品種
山地の林床などにやや稀に生える
高さ2〜4mの落葉低木。
枝や葉柄の基部に僅かに短い刺が
あるのが本種の特徴。
葉は長さ5〜15cmの奇数羽状複葉、
小葉は長さ1〜3cmの長楕円形。
4〜5月、枝先に直径約5mmの黄緑
色の小さな花を多数つける。
9〜10月、 種子は赤色〜黒色に熟
し、辛くてサンショウより大きい。
よく似た仲間に刺が全く無い、アサ
クラザンショウがある。
河川の林縁に自生していた。


             (果実)
   長野県伊那市 2012.9.4 画像をクリック

トップページへ  前ページへ