ヤマノコギリソウ


長野県八ヶ岳 20048.26
          ヤマノコギリソウ
キク科ノコギリソウ属 
Achillea alpina var. discoidea

中部地方以北に分布。
山地の草原や林縁などに生え高さ
30〜80cmの多年草。
茎は叢生し、葉とともに軟毛があり、
上部の葉腋から枝分かれする。
葉は互生し、長楕円形または披針
状線形で櫛の葉状に中深裂する。
母種に比べ、ヤマノコギリソウの舌
状花は小さく長さ3mm以下。
八ヶ岳や菅平でしばしば見かける。

トップページへ  前ページへ