ヤマトユキザサ


長野県八ヶ岳 2005.6.26
           ヤマトユキザサ
ユリ科ユキザサ属
Smilacina hondoensis

別名 オオバユキザサ
本州中部地方に分布する。
亜高山帯〜高山帯の林床にに生える
高さ50〜70cmの多年草。
葉は長さ10〜15cmで長楕円形。
雌雄異株。雄花は白色〜緑白色で、
雄しべの発達は悪い。
特徴は茎に稜がなく、開出毛が多い。
よく似ているヒロハユキザサとは赤褐色
の茎と開出毛で区別できる。

トップページへ  前ページへ