ヤマウツボ


長野県北佐久郡 2005.5.7

東京都高尾山 1999.4.21

長野県北佐久郡 2005.5.7 画像をクリック

福島県双葉郡 2010.4.29 画像をクリック
      ヤマウツボ
ゴマノハグサ科ヤマウツボ属
Lathraea japonica

やや湿り気のある落葉樹林内に生える
高さ10〜30cmの寄生植物。
茎は無毛または軟毛を散生、毛のある
タイプをケヤマウツボと呼び区別する。
和名は靫 (うつぼ)は花穂の形を矢を入
れる靫に見立てたことに由来。
画像は高尾山や軽井沢で写したものだ
が武甲山でも観察している。
群馬県での記録はないが、隣接する長
野・埼玉・栃木・新潟には自生する。


     長野県北佐久郡 2005.5.7

        (茎の毛はヤマウツボの範疇?)
   福島県双葉郡 2010.4.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ