ヤンバルキヌラン


沖縄県 2014.12.13 画像をクリック

沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

沖縄県 2016.2.28 画像をクリック
       ヤンバルキヌラン
ラン科キヌラン属
Zeuxine gracilis var. tenuifolia

奄美大島(鹿児島)〜沖縄に分布
南西諸島の常緑樹林下などに生える
高さ15〜20cmの多年草。
葉は長さ3〜5cm、 幅1〜2cmの長楕
円状披針形、根元に数個つく。
2〜4月、茎の上部の総状花序に白色
の花を5〜10個つける。
登山道沿いの林床で花芽をつけてい
たが、花期には早過ぎた。
葉、花芽だけで同定できるのは自生
地を掌握している方のみ


   沖縄県 2014.12.13 画像をクリック

    沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

    沖縄県 2016.2.29 画像をクリック

    沖縄県 2016.2.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ