ヤンバルツルマオ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
        ヤンバルツルマオ
イラクサ科オオバヒメマオ属
Pouzolzia zeylanica

別名:オオバヒメマオ
鹿児島県(屋久島)〜沖縄県に分布
低地の田のあぜや原野などに生える
高さ20〜50cmの多年草。
葉は互生し、長さ2〜6cmの卵状披針
形〜披針形で、全縁で先は尖る。
9〜1月、葉腋に緑色〜紫色(雄花)の
花を多数つける。
雌花も葉腋に束生し、筒状になる。
よく似たツルマオ (Gonostegia hirta )
の葉は対生、本種は互生である。


  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ