ヤツタカネアザミ


長野県八ヶ岳 2005.8.16 画像をクリック

長野県八ヶ岳 2009.9.2 画像をクリック
        ヤツタカネアザミ
キク科アザミ属
Cirsium yatusalpina

長野県八ヶ岳連峰の高山帯を中心とした
地域に普通に分布するアザミ。
これまでヤツガタケアザミとされてきたが、
ヤツガタケアザミはよく粘る総苞をもつの
に対して、総苞が粘らないのが特徴。
1991年に門田裕一博士が八ヶ岳の高山
に生育するアザミを新種ヤツタカネアザミ
として発表した。
他のアザミ属と区別するポイントは総苞と
葉表面の大きな刺。
麦草峠付近の林縁には多い。


     長野県八ヶ岳 2005.8.16

   長野県八ヶ岳 2009.9.2 画像をクリック

トップページへ  前ページへ