ユクノキ


群馬県甘楽郡 2005.6.17 画像クリック

群馬県甘楽郡 2007.6.25 画像クリック

埼玉県秩父市 2014.6.13 画像をクリック

埼玉県秩父市 2014.6.13 画像をクリック

埼玉県秩父市 2014.6.13 画像をクリック

(果実)
埼玉県秩父市 2014.7.23 画像をクリック
        ユクノキ
マメ科フジキ属
Cladrastis sikokiana

別名:ミヤマフジキ
関東地方以西、四国、九州に分布
山地、深山の川岸などやや稀に生える
高さ20mほどの落葉高木。
樹皮は灰褐色で平滑、皮目が多い。
葉は互生し、ふつう奇数羽状複葉で長
さ10〜20cm。
小葉は4〜6対あって互生し、表面は粉
白色を帯びる。
6〜7月、 枝先に長さ15〜30cmの円錐
花序をだし、白色の花をつける。
よく似たフジキは小葉の柄の基部に小
托葉があり、裏面は淡緑色。
和名は秩父地方の方言で、 雪の木が
訛ったことに由来する。
6月中下旬、群馬長野県境を走行する
とユクノキの白い花が目につく。


    群馬県甘楽郡 2007.6.25 画像クリック

   埼玉県秩父市 2014.6.13 画像をクリック

   群馬県甘楽郡 2014.6.27 画像をクリック

   埼玉県秩父市 2014.6.13 画像をクリック

    埼玉県秩父市 2014.6.13 画像をクリック

             (果実)
   埼玉県秩父市 2014.7.23 画像をクリック

トップページへ  前ページへ