アオバナヨウラクラン


長野県木曽郡 2002.5.26

長野県木曽郡 2002.5.26
       

アオバナヨウラクラン
ラン科ヨウラクラン属
Oberonia japonica f. viridescens

樹幹や岩に垂れ下がる長さ4〜8cmの着生ラン
和名の瓔珞はインドなどで貴族が首や胸に貴金
属、宝石などを垂らして飾ったもの。
仏像にも用いられ、この植物の垂れ下がった様
子をこれにたとえたもの。
樹齢300年以上と思われるカヤの大木に着いて
いたが、ハシゴを借りて撮影できた。
近くの枝には ヨウラクランも着生、ハシゴを架け
ての撮影は高所恐怖症には辛い。
木曽路の植物に精通している長野県のIさん、U
さんのお世話になる。
撮り直したいと思っていた矢先、 カヤの大木は
切り倒され、本種も消滅した。



トップページへ  前ページへ