アオナシ


長野県南佐久郡 2005.5.15 画像をクリック

長野県南佐久郡 2005.5.15 画像をクリック
        アオナシ
バラ科ナシ属
Pyrus ussuriensis var. hondoensis

群馬県以西、九州に分布
山地の林縁などにやや稀に生える
高さ7〜12mの落葉高木。
葉は長さ4.5〜8cmと小さく、縁には
芒状の鋸歯がある。
4〜5月、 疎らな枝先に総状花序を
出し、白色の花をつける。
果実は直径約3cm、 黄緑色に熟し、
頂部に萼片が残る。
果実は酸味と渋みが強く. 果実酒と
して人気が高い。
エゾノコリンゴは葯の色が淡黄色だ
が、本種は赤色〜赤紫色。
山梨や長野県の高原には多い。


              (果実)
     長野県南佐久郡 2005.9.4

             (果実)
   長野県南佐久郡 2010.9.22 画像をクリック

トップページへ  前ページへ