ベニオグラコウホネ


佐賀県 2013.6.1 画像をクリック

佐賀県 2013.6.1 画像をクリック
        ベニオグラコウホネ
スイレン科コウホネ属
Nuphar oguraense var.akiense

中国地方〜九州南西部に分布
浅い池沼や水路などにやや稀に生える
多年生の水草。
葉は2形あり、水中の葉(沈水葉)は細長
く、膜質をしている。
水上の葉(抽水葉)は長さ10〜20cm、幅
7〜10cmの卵形〜長卵形。
5〜10月、円柱形の花柄を出し、萼片が
黄色で柱頭盤が赤い花をつける。
オグラコウホネに似ているが、中央の柱
頭盤が赤いので区別できる。
和名は京都小椋池にかって自生、 柱頭
盤が赤いことに由来する。
この日観察したサイジョウコウホネ とは
葉の形が異なっていた。


    佐賀県 2013.6.1 画像をクリック

     佐賀県 2013.6.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ