ビランジ


群馬県 2006.8.15 画像をクリック

群馬県 2006.8.15 画像をクリック

(花茎・萼筒は有毛)
長野県 2013.7.18 画像をクリック

長野県 2013.7.18 画像をクリック

長野県 2013.7.18 画像をクリック

長野県 2013.7.18 画像をクリック
        ビランジ
ナデシコ科マンテマ属
Silen keiskei var. mineor

中部地方〜関東地方に分布
山地の礫地や岩場等にやや稀に生える
高さ10〜30cmの多年草。
茎は直立するか垂れ下がる。
葉は披針形〜広披針形で基部は細まり、
縁には毛がある。
茎の上部には腺毛混じりの短毛が密生、
萼にも腺毛を密生する。
花弁の長さは両性花で、直径2.4〜3cm、
爪部の頂端に突起はない。
7〜9月、 花茎の先に優しい感じの淡紅
色の花を数個つける。
群馬県西部はツルビランジオオビラン
、ビランジの3種が自生している。
ビランジの自生地は山岳信仰の山で険
しい岩場の連続である。


         群馬県 1997.8.24

         群馬県 1997.8.24

         群馬県 1997.8.24

    長野県 2013.7.18 画像をクリック

    長野県 2013.7.18 画像をクリック

    長野県 2013.7.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ