チチブホラゴケ


埼玉県奥秩父 2006.3.4
          チチブホラゴケ
コケシノブ科アオホラゴケ属
Crepidomanes schmidtianum

東北南部〜九州中部に分布。
埼玉県秩父郡大滝村入山で発見され、伊
藤洋博士が植物研究雑誌で発表した。
山地の湿った岩場や樹幹などにやや稀に
着生する常緑性シダ。
根茎は長く這い、渇色の毛を蜜につける。
葉身は2回羽状深裂し、長さ2〜7cm。
アオホラゴケによく似ているが、やや小さく、
裂片に偽脈はない。
胞子嚢群は裂片の縁近くにつき、コップ状
の包膜に包まれる。
胞子は二面体型で、夏に熟す。
キレハオオクボシダを観察した岩場にホソ
バコケシノブなどと群生していた。


        (渇色の毛が密生した根茎)
     埼玉県奥秩父 2006.3.4

トップページへ  前ページへ