チクシキヌラン


沖縄県 2016.2.29 画像をクリック
       チクシキヌラン
ラン科キヌラン属
Zeuxine strateumatica f. rupicola

キヌランの1品種
九州南部〜南西諸島に分布
日当たりの良い草地・路傍などに生える
高さ5〜20cmの1〜2年草。
地上茎は直立し、5〜12枚の線状の葉が
上向きに立ち上げる。
普通葉は長さ3.5〜10cm、幅3.5〜8.5mm、
中脈が隆起し、縁は背面側に返る
2〜4月、 赤味のある白色の花を茎の上
部にやや密につける。
キヌランに比べ、 唇弁の先が尖っている
のが違いとの事。
筆者が2008年に撮影したキヌランはチク
シキヌランかも知れない。


   沖縄県 2016.2.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ