フトボナギナタコウジュ


埼玉県入間郡 2006.10.25

埼玉県入間郡 2006.10.25
         フトボナギナタコウジュ
シソ科ナギナタコウジュ属
Elsholtzia argyi var. nipponica

関東地方以西、四国、九州に分布。
丘陵地〜山地の道ばたなどにやや稀に
生える高さ30〜60cmの1年草。
全体に強い香りがする。
葉は対生し、卵形〜狭卵形で先は尖り、
縁には鋸歯がある。
9〜10月、枝先に花穂をだし淡紅紫色
の小さな花を密につける。
ナギナタコウジュに比べて、葉の幅はや
や広く花穂もやや太い。
苞は先端寄りが広く、縁に長毛がある。
ナギナタコウジュは中心部が広い。
群馬県での採集記録はない。


   埼玉県入間郡 2006.10.25 画像をクリック

     埼玉県入間郡 2006.10.25

トップページへ  前ページへ