ハイマキエハギ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
        ハイマキエハギ
マメ科ヌスビトハギ属
Desmodium triflorum

沖縄、小笠原の原野・草地などに生える
草丈10〜30cmの草状の半低木。
茎は地を這い分枝、葉は3小葉からなり
頂小葉は心形で、先は凹む。
ほぼ通年、葉腋に赤紫色〜紫色の花が
2〜3個束生する。
よく似たカワリバマキエハギの頂小葉は
長楕円形〜倒卵形で、先は円頭。
同定するに当って、日本の野生植物(平
凡社)及び琉球植物誌(沖縄生物教育研
究会)の記述を引用した。
帰化種を含め、マメ科が多く自生してい
たが、撮影時間が足りなかった。


  沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

      沖縄県(西表島) 2008.12.13

トップページへ  前ページへ