カワリバマキエハギ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
       カワリバマキエハギ
マメ科ヌスビトハギ属
Desmodium heterophyllum

沖縄、小笠原の原野、草地などに生える
草丈10〜30cmの草状の半低木。
葉は3小葉、ときに1小葉をつけ、頂小葉
は長楕円形〜倒卵形で、先は円頭。
莢果はやや大きく、4〜6小節果からなり、
裏面に網目模様がある。
ほぼ通年、葉腋に紫色で長さ5〜6mmの
花を1〜3個つける。
よく似たハイマキエハギは頂小葉がふつ
う心形で、先は凹む。
同定は日本の野生植物(平凡社)及び琉
球植物誌(沖縄生物教育研究会)の記述
を引用したが、自信は無い。


   沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ