ハコネラン


埼玉県 2003.6.26 画像をクリック

埼玉県 2003.6.26 画像をクリック

埼玉県 2006.6.29

埼玉県 2012.6.28 画像をクリック

静岡県 2016.7.1 画像をクリック

静岡県 2016.7.1 画像をクリック
       

ハコネラン
ラン科コイチヨウラン属
Ephippianthus sawadanus

埼玉・東京・神奈川・静岡県に分布
深山の針葉樹林下などに稀に生える
高さ10cm前後の多年草。
コイチヨウランに似ているが、花は緑
色、唇弁の縁に鋸葉がある。
和名は発見地の神奈川県足柄下郡
箱根山に由来する。
学名の sawadanusは植物研究家・沢
田武太郎氏を記念したもの。
環境省のRDLに埼玉県は現状不明と
記載されているが、健在である。
ハコネランの自生する山中には キレ
ハオオクボシダ
もある。


   埼玉県 2003.6.26 画像をクリック

    埼玉県 2004.6.27 画像をクリック

    埼玉県 2012.6.28 画像をクリック

   埼玉県 2012.6.28 画像をクリック

    静岡県 2016.7.1 画像をクリック

    静岡県 2016.7.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ