ハナイバナ


群馬県甘楽郡 2007.3.3

群馬県甘楽郡 2007.3.3

群馬県 2015.1.21 画像をクリック
       ハナイバナ
ムラサキ科ハナイバナ属 
Bothriospermum tenellum

路傍・石垣・畑などにふつうに生える
高さ10〜15cmの1〜2年草。
茎は細く毛があり、 基部は地を這う。
葉は長楕円形〜楕円形。
ほぼ通年、淡青紫色の小さな花をつ
け、花冠は5裂して平開する。
和名(葉内花)は茎の上部の葉と葉の
間に花をつけることに由来する。
よく似た植物にキュウリグサがある。


      群馬県甘楽郡 2007.3.3

   群馬県甘楽郡 2007.12.15 画像をクリック

    群馬県 2015.1.21 画像をクリック

トップページへ  前ページへ