キュウリグサ


群馬県甘楽郡 2006.1.16
        キュウリグサ
ムラサキ科キュウリグサ属 
Trigonotis peduncularis

道ばたや石垣などにふつうに生える
高さ15〜30cmの2年草。
下部の葉は長い柄があり、卵円形。
上部の葉には柄がない。
12〜5月、サソリ形花序の先に淡青
紫色の小さな花を次々に開く。
和名は葉を揉むとキュウリの匂いが
することに由来する。
よく似ている植物に属の異なるハナ
イバナ
がある。
近くの石垣で年末から咲いていた。


    群馬県富岡市 2009.3.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ