ヘラハタザオ


埼玉県 2003.6.11 画像をクリック

埼玉県 2003.6.11 画像をクリック
      

ヘラハタザオ
アブラナ科ハタザオ属
Arabis lignlifolium

別名:トダイハタサオ
山地の石灰岩地に極めて稀に生える
高さ15〜30cmの越年草。
1951年に南アルプスの戸台で発見さ
れ、大井次三郎博士によってトダイハ
タザオと発表された。
1954年に再検討の結果、 取り消しと
なったが、1990年今井建樹氏が南ア
ルプスの釜無山で発見、清水建美氏
がヘラハタザオと同定した。
茎は分枝せず、茎の基部は矢じり形
〜心形で茎を抱く。
エゾハタザオに似ているが、 花序や
角果は少なく下垂しない。
現在、確認されている自生地は戸台、
釜無山、奥秩父の3ヶ所である。
筆者はこの植物名が分からず、不明
種としてきたが、秩父の植物研究家・
Iさんに教示いただき、判明した。


    埼玉県 2003.6.11 画像をクリック

               (蕾)
    埼玉県 2003.6.11 画像をクリック

トップページへ  前ページへ