ヒメオトギリ


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

長野県霧ヶ峰 2009.8.18
       ヒメオトギリ
オトギリソウ科オトギリソウ属
Sarothra japonica

千葉県以西、四国、九州に分布
湿地・休耕田・湿った草地などに生える
高さ15〜40cmの1年草。
葉は対生、長さ0.5〜1.3cmの広卵形で
全縁、明点がある。
7〜9月 (沖縄は通年?)、茎頂に橙黄色
の小さな花をつける。
花弁は長さ径〜56mmで5枚、雄しべは
10〜20個と多く、花柱は3個。
よく似たコケオトギリ(Hypericum laxum)
は雄しべが、5〜8個と少ない。
撮影した原野にはコキンバイザサ
ニオイグサ
なども見られた。


   沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

    長野県霧ヶ峰 2009.8.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ