ヒメシャジン


長野県高峰高原 2005.8.2 画像をクリック

長野県高峰高原 2005.8.2
       

ヒメシャジン
キキョウ科ツリガネニンジン属
Adenophora nikoensis var. nikoensis

中部地方〜東北地方南部に分布
亜高山〜高山の礫地や岩場に生える
高さ10〜40cmの多年草。
萼片は細く、突起状の鋸歯がある。
葉はふつう互生するが、対生するよう
にも見える。
7〜8月、 総状花序に青紫色の花を1
〜数個下向きにつける。
葉が8mm以下のものをホソバヒメシャ
ジン
と呼び区別する。
よく似たミヤマシャジンは萼裂片が全
縁で、花柱が少し突き出る。
白花との2ショットを撮影できた。


   長野県八ヶ岳 2005.7.24 画像をクリック


     長野県高峰高原 2005.8.2

トップページへ  前ページへ