ヒメタカノハウラボシ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
        ヒメタカノハウラボシ
ウラボシ科ミツデウラボシ属
Crypsinus yakushimensis

屋久島・沖縄本島・西表島に分布
渓流沿いの岩場や渓側などに生える
長さ5〜20cmの常緑性シダ。
根茎は短く、横走りし、直径1.5〜2mm、
やや密に鱗片がある。
葉身は長さ5〜20cmの披針形〜狭披
針形、中程より下がもっとも幅広い。
葉柄は細く、長さ2〜12cmの藁色、葉
身と同長またはやや短い。
胞子嚢群は葉裏の深いくぼみにつく。
ヤエヤマスミレリュウキュウツワブ
近くの岩場に着生していた。


  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ