ヒロハノトンボソウ


長野県南佐久郡 2005.6.18 画像をクリック

長野県南佐久郡 2005.6.18 画像をクリック
       ヒロハノトンボソウ
ラン科ツレサギソウ属
Platanthera fuscensis

別名:ヒロハトンボソウ
北海道及び本州中部地方に分布
山地の林内や林縁などに稀に生える
高さ40〜60cmの多年草。
茎の下方に地面から離れ、2〜3枚の
大形葉があり、長さ15〜20cm、幅4.5
〜10cmの卵形〜倒披針形。
6〜7月、黄緑色の花を穂状につける。
和名は トンボソウに比べて葉が大き
くて、広いことに由来する。
10年以上前、 美ヶ原でも撮影したが、
アップ出来ずにいた。
今回 (2005)は八ヶ岳山麓で旬のヒロ
ハノトンボソウを撮影できた。
情報を提供して頂いたUさんには記し
て感謝の意を表したい。


   長野県南佐久郡 2005.6.18 画像をクリック

   長野県南佐久郡 2005.6.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ