ホウロクイチゴ


沖縄県 2016.2.28 画像をクリック
       ホウロクイチゴ
バラ科キイチゴ属
Rubus sieboldii

伊豆半島〜沖縄県に分布
丘陵地〜 山地の林縁などに生える
半つる性の常緑低木。
葉は長さ幅とも7.5〜20cmの広卵形
で、縁は浅裂し先は円頭。
裏面は黄白色の綿毛に覆われ白っ
ぽく、網目状に隆起する。
2〜5月、前年枝の葉腋に白色の花
を数個つけ、縁は波打つ。
3〜5月、果実(集合果)は径約1.8cm
の球形で、赤く熟し美味しい。
リュウキュウバライチゴリュウキュ
ウイチゴ
などと.点在していた。


            (葉の裏面)
   沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

トップページへ  前ページへ