イガアザミ


神奈川県三浦半島 2005.10.21
          イガアザミ
キク科アザミ属
Cirsium nipponicum var. comosum

ナンブアザミの1変種
関東地方南部のの海岸近くに生える
高さ 70〜10cmの多年草。
草丈はやや低く、 花柄が短く頭花は
大きくかたまってつく。
全体が壮大となり、 葉は光沢があり、
刺の量は著しく多い。
和名は蕾の刺 (トゲ)を栗のイガに見
立てたことに由来する。
ソナレマツムシソウワダンを撮影し
た近くに咲いていた。


  神奈川県三浦半島 2005.10.21 画像をクリック

トップページへ  前ページへ