イカリソウ


長野県独鈷山 2006.5.8
         イカリソウ
メギ科イカリソウ属 
Epimedium grandiflorum var. thunbergianum

主として太平洋側山地の林床などに
生える高さ20〜40cmの多年草。
葉は2〜3回3出複葉、小葉は卵形で
基部は心形、ふちに刺がある。
4〜6月、 船の碇に似た紅紫色〜白
色の花を多数つける。
和名は花の形が船の碇に似ている
ことに由来する。
西上州のある斜面ではカタクリが咲
き終わると本種が咲きはじめる。


      長野県独鈷山 2006.5.8

トップページへ  前ページへ