ジロボウエンゴサク


静岡県朝霧高原 2007.4.12

静岡県朝霧高原 2007.4.12
        ジロボウエンゴサク
ケシ科 キケマン属 
Corydalis decumbens

低地〜山地の草地、川岸などに生える
高さ10〜20cmの多年草。
地下に直径約1cmのまるい塊茎があり、
数個の混生葉と花茎をだす。
葉は2〜3回3出複葉、茎葉は2個つく。
4〜5月、 茎の上部に紅紫色〜青紫色
の花を総状につける。
和名は三重県伊勢地方の子供の遊び
に由来する。
キスミレ近くの草地に群生していた。
群馬県南西部には殆ど無い


     静岡県朝霧高原 2007.4.12

        愛知県 2009.3.15

トップページへ  前ページへ