カモノハシ


茨城県 2011.9.11 画像をクリック
        カモノハシ
イネ科カモノハシ属
Ischaemum aristatum var. glaucum

湿地や貧栄養のため池畔などに生える
高さ30〜60cmの多年草。
茎は基部で屈曲、 分枝して束生、葉や
節に毛は全くない。
6〜8月、4〜7cmの花序をだし、小花か
ら淡紅色の柱頭がでる。
和名は花序が鴨の嘴に似て. 2本が密
着していることに由来する。
ヒメハッカヒメナエイヌセンブリが生
育する湿地に群生していた。


    茨城県 2011.9.11 画像をクリック

トップページへ  前ページへ