キクバマキノスミレ


撮影/K
群馬県 2008.4.26 画像をクリック 

(撮影/筆者)
群馬県 2009.4.18 画像をクリック
        キクバマキノスミレ
スミレ科ミヤマスミレ類
Viola chaeropylloides f. sieboldiana×makinoi

ヒゴスミレ×マキノスミレの交雑種
両種が混生する場所にごく稀に生える
高さ5〜10cmのスミレ
花は中形の淡紅紫色〜紅紫色、花数
はあまり多くない。
側弁は有毛、距も紅紫色の袋状。
葉は両親によって. 切込みに差異があ
り、両面とも無毛。
Yasukoさん(故人)、 misaoさんと京都を
移動中、Kさんから電話が入った。
A山でカワギシスミレが見つかりました
と興奮気味に話された。
翌年、Kさんの案内で現地を訪れたが、
花を付けていなかった。
周囲にマキノスミレは 見当たらなかっ
たが、ヒゴスミレを多数確認する。
2010年も花をつけず.近々消滅する可
能性が.極めて高いと思われる。
隣接する山域にマキノスミレが.生育す
る事から一応、本種と同定した。


             撮影/K
    群馬県 2008.4.26 画像をクリック

             (撮影/筆者)
    群馬県 2010.4.24 画像をクリック

トップページへ  前ページへ