キクシノブ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
       キクシノブ
シノブ科キクシノブ属
Humata repens

紀伊半島、四国南東部、九州南部、
沖縄県(本島・八重山)に分布
川沿いの岩上や樹幹などに生える
常緑性の着生シダ。
根茎は長く匍匐し、径約1.5mm、毛
は無く密に鱗片をつける。
葉柄はわら色、 上部は緑色を帯び、
長さ約7cm、疎らに鱗片をつける。
葉身は三角状長楕円形から五角形
状、長さ2.5〜10cm、幅2〜7cm。
胞子嚢群は小さく、裂片の辺縁につ
き、包膜はほぼ円形で全縁。
シマタキミシダ が自生する近くの岩
上で、数個体観察した。


  沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ