キンモウワラビ


(石灰岩地 リンクは横位置)
埼玉県 2003.7.3 画像をクリック

群馬県甘楽郡 2004.8.12 画像をクリック

群馬県甘楽郡 2005.8.26 画像をクリック

(石灰岩地)
埼玉県秩父郡 2005.9.12 画像をクリック

群馬県甘楽郡 2007.8.4

鱗片 石灰岩露頭
群馬県甘楽郡 2012.1.27

(黄葉/右端はヒメウラジロ)
群馬県 2016.1.30 画像をクリック

(枯れた個体)
群馬県 2016.2.1 画像をクリック

(黄葉/石灰岩)
群馬県 2016.12.17 画像をクリック

(黄葉/石垣 左端・上部はヒメウラジロ)
群馬県 2016.12.26 画像をクリック
        キンモウワラビ
イワデンダ科キンモウワラビ属
Hypodematium crenatum ssp. fauriel

石灰岩の岩壁・古い石垣などに生育する
夏緑性のシダ植物
根茎は短く這い、葉柄の基部にやや淡い
赤褐色の鱗片が密生する。
群馬県南西部の石垣にはヒメウラジロ
キンモウワラビが多く自生している。
「所変われば品変わる」と云われるように
両種は少しも珍しくない。
夏緑性のシダだが、場所によっては綺麗
に黄葉する個体もある。
鱗片(2008.2.2)の画像は井森美幸さん(タ
レント)の生家近くで撮影した。
珍しいシダであるが、筆者は群馬県南西
部を中心に19ヵ所で確認している。
環境省評価:絶滅危惧U類(VU)


            (石灰岩地)
    埼玉県 2003.7.3 画像をクリック

             (胞子嚢群)
   群馬県甘楽郡 2005.12.9 画像をクリック

             (鱗片)
   群馬県甘楽郡 2008.2.2 画像をクリック

   群馬県甘楽郡 2010.11.9 画像をクリック

           (石灰岩露頭)
   群馬県甘楽郡 2012.1.27 画像をクリック

              (黄葉)
   群馬県冨岡市 2015.1.8 画像をクリック

        (黄葉/左上はヒメウラジロ)
    群馬県 2016.1.30 画像をクリック

             (鱗片)
    群馬県 2016.2.1 画像をクリック

       (黄葉/石垣 上部はヒメウラジロ)
   群馬県 2016.12.26 画像をクリック

         (黄葉/県道沿いの石垣)
    群馬県 2017.1.3 画像をクリック

トップページへ  前ページへ