コガネネコノメソウ


群馬県甘楽郡 2005.3.26 画像をクリック

群馬県甘楽郡 2006.3.31

(ハナネコノメと競演)
 群馬県甘楽郡 2009.3.31 画像をクリック

群馬県 2015.3.29 画像をクリック
       コガネネコノメソウ
ユキノシタ科ネコノメソウ属
Chrysosplenium pilosum var sphaerospermum

関東地方以西、四国、九州に分布
谷沿いや林縁などのやや陰湿地に生える
高さ5〜15cmの多年草。
根生葉は花時には枯れる。
走出枝は長くのび、白色軟毛が密生する。
葉は扇円形で、長さ5〜15mm、5〜10個の
まるい鋸歯がある。
萼裂片は鮮黄色、四角状で直立する。
雄しべは8個、葯は鮮黄色。
早春の沢沿いで鮮黄色の花はよく目立つ。
群馬県南西部見られるネコノメソウ属の殆
んどはハナネコノメと本種である。


    群馬県甘楽郡 2008.4.7 画像をクリック

    群馬県甘楽郡 2009.3.19 画像をクリック

    群馬県高崎市 2013.4.1 画像をクリック

    群馬県 2015.3.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ