コキクモ


群馬県館林市 2008.9.24 画像をクリック

群馬県館林市 1998.9.30

群馬県館林市 2008.9.24 画像をクリック

群馬県館林市 2008.9.24 画像をクリック

群馬県邑楽郡 2009.9.18 画像をクリック

群馬県邑楽郡 2009.9.18 画像をクリック

(果柄に注目)
栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27 画像をクリック


栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27

群馬県 2011.8.31 画像をクリック

群馬県 2011.8.31 画像をクリック

群馬県 2015.10.5 画像をクリック

(紅葉)
群馬県 2016.10.24 画像をクリック

 (紅葉
群馬県 2016.10.24 画像をクリック

 (紅葉
群馬県 2016.10.24 画像をクリック
        コキクモ
ゴマノハグサ科シソクサ属
Limnophila indica subsp. trichophylla

群馬・栃木・岡山・福岡に隔離分布
1955年10月、田中肇氏が群馬県館林市
の近藤沼周辺で発見した。
水田・湖沼などの浅い水中に稀に生える
高さ5〜10cmの1年草。
水上に出る茎や花柄 (果柄) には腺点と
腺毛が、やや疎らに生える。
花時の柄は目立たないが、 果実期の柄
は長さ0.5〜1cmまで伸びる。
よく似たキクモ (母種)は茎に軟毛が密生、
果柄が無いので区別できる。
和名はキクモより小さく.水上葉が菊の葉
に似ることに由来する。
コキクモの最大の特徴は. 花柄(果柄)
がある事、キクモには無い。

1998年の撮影地は消滅(2007.3.11記)
10年ぶりに訪問、新たな産地を発見
(2008.9.6追記)


   群馬県館林市 2008.9.24 画像をクリック

      (柄のある果実及び果実・茎の腺毛)
   群馬県館林市 2008.9.24 画像をクリック

   群馬県館林市 2008.9.6 画像をクリック

       (2009年に見つかった新たな産地)
   群馬県邑楽郡 2009.9.18 画像をクリック

        (左上の白色はヒメシロアザザ)
   群馬県邑楽郡 2009.9.18 画像をクリック

         (長く伸びた果実期の柄)
   群馬県邑楽郡 2009.9.18 画像をクリック

           (果柄に注目)
  栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27 画像をクリック


    群馬県 2011.8.31 画像をクリック

            (果柄に注目)
    群馬県 2015.10.5 画像をクリック

    群馬県 2015.10.5 画像をクリック

             紅葉)
   群馬県 2016.10.24 画像をクリック

             (紅葉)
   群馬県 2016.10.24 画像をクリック

トップページへ  前ページへ