コマツカサススキ


長野県佐久市 2005.8.22
          コマツカサススキ
カヤツリグサ科 ホタルイ属
Scirpus fuirenoides

日当たりのよい湿地やため池の畔などに
生える高さ70〜120cmの多年草。
稈は疎らに叢生する。
小穂の鱗片は広卵形で幅1〜1.5mm。
小穂全体は熟すと暗緑褐色を帯びる。
マツカサススキによく似ていて、稈の高さ
や葉の幅などは殆んど変わらない。
軽井沢周辺には珍しいヒメマツカサススキ
が分布する。


     長野県佐久市 2005.8.22

トップページへ  前ページへ