コウシンソウ


栃木県庚申山 2006.6.10 画像をクリック

栃木県庚申山 2006.6.10 画像をクリック

栃木県庚申山 2007.6.15 画像をクリック

栃木県庚申山 2007.6.15

栃木県庚申山 2007.6.15 画像をクリック
       コウシンソウ
タヌキモ科ムシトリスミレ属
Pinguicula ramosa

日光火山帯の湿った岩壁に稀に生える
多年生の食虫植物。
1890年8月9日、三好学博士が栃木県の
庚申山で発見した。
葉には多数の小さな腺毛が生え、粘液
を分泌して虫を捕らえる。
6〜7月、4〜6cmの花茎を伸ばし、薄紫
色の小さな花をつける。
花茎の中程で分岐する個体も多い。
花後、花茎は伸長して反り返り、後ろの
岩肌に種子を残す。
男体山ではムシトリスミレとコウシンソウ
が直ぐ近くで観察できる。
コウシンソウを観察してから、 9年も経っ
ているので撮り直しを計画している。
(2005.5.13記)
1996.6.22 2005.6.11 2006.6.10 2007.6.15
の4回観察したが、全て見頃だった。


         拡大画像

   栃木県庚申山 2006.6.10 画像をクリック

           (ユキワリソウと競演)
   栃木県庚申山 2007.6.15 画像をクリック

   栃木県庚申山 2007.6.15 画像をクリック

トップページへ  前ページへ