コウトウシラン


沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

沖縄県(西表島) 2008.12.13

沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック
        コウトウシラン
ラン科コウトウシラン属
Spathoglottis plicata

沖縄県(西表島・石垣島)に分布
日当たりのよい草地・斜面などに生える
高さ50〜100cmの常緑ラン。
葉は3〜5枚つき、長さ40〜50cm、幅約
4cm、縦じわがある。
ほぼ通年、茎の先に直径約3cmの淡紅
紫色の美しい花をつける。
和名は台湾の紅頭嶼で発見、シランに
似ていることに由来する。
沖縄本島のコウトウシランは逸出の可
能性が高いとの記述がある。
草原にナリヤランと共に咲く光景はとて
も日本とは思えない


  沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

    沖縄県(西表島) 2008.12.13

  沖縄県(西表島) 2008.12.13 画像をクリック

トップページへ  前ページへ