クマガイソウ


群馬県 2003.5.8 画像をクリック

(裏面は横位置の群落)
群馬県 2009.5.10 画像をクリック

群馬県 2009.5.10 画像をクリック



群馬県 2009.5.10 画像をクリック
      

クマガイソウ
ラン科アツモリソウ属
Cypripedium japonicum

北海道南部〜九州にかけて、腐植質の多い
林下に生える高さ20〜40cmの多年草。
和名は熊谷次郎直実に因み、唇弁を彼の背
負った母衣に見立てたもの。
アツモリソウと比較されるが、アツモリソウは
花が赤紅色で、山地の草原に生える。
群馬県も僅かに残っているが、よほど奥地
へ行かないと見ることはできない。
撮影した場所はクマの爪跡が生々しく残って
いる鬱蒼とした森だった。
熊鈴を鳴らしての撮影は神経を使う。


              (蕾)
    群馬県 2003.5.1 画像をクリック

    群馬県 2003.5.8 画像をクリック

   群馬県 2009.5.10 画像をクリック

    群馬県 2009.5.10 画像をクリック

    群馬県 2009.5.10 画像をクリック

トップページへ  前ページへ