クモマナズナ


長野県兜岩山 2005.4.15 画像をクリック

長野県兜岩山 2005.4.15
         クモマナズナ
アブラナ科イヌナズナ属
Draba nipponica

1897年、矢沢米三郎氏が、長野県八ヶ岳
で最初に発見した。
中部地方以北の亜高山帯〜高山帯の岩
礫や岩壁に生える小型の多年草。
キタダケソウが見たくて残雪の北岳をひと
りで訪ねた。
クモマナズナは尾根付近の岩場や岩礫地
に点々と咲いていた。
荒船山や兜岩山にも自生する。


       山梨県北岳 2001.6.22

トップページへ  前ページへ