ママコナ


長野県浅間山 2006.7.10

長野県浅間山 2009.7.15 画像をクリック

長野県 2014.8.1 画像をクリック
       ママコナ
ゴマノハグサ科ママコナ属 
Melampyrum roseum var. japonicum

山地の林縁や草地にふつうに生える
高さ20〜50cmの半寄生の1年草。
葉は長さ3〜15mmの柄があり、長卵
形で長さ2〜8cm、幅1〜3cm。
6〜9月、枝先に3〜10cmの花序をだ
し、紅紫色の花を多数つける。
花冠の下唇は横に広がって先が3裂
し、内部に2個の白い班紋がある。
花軸や萼には白毛がやや蜜につく。
苞は葉状で、鋸歯がある。
よく似ているミヤママコナは花冠の花
喉の両側に黄色の班紋があり、苞に
鋸歯がないので区別できる。


      長野県浅間山 2006.7.10

    長野県 2014.8.1 画像をクリック

    長野県 2014.8.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ