マンテマ


新潟県上越市 2006.6.5

          マンテマ
ナデシコ科マンテマ属 
Silene gallica var. quinquevulnera

江戸時代末期に渡来した、ヨーロッパ
原産の帰化植物。
海岸などに群生する高さ20〜30cm
の1〜2年草。
全体に開出毛があり、腺毛も混じる。
茎の下部の葉はへら形、上部の葉は
倒披針形で先は尖る。
5〜6月、茎の上部に直径約7mmの
花がやや密につく。
花弁は白色で、舷部の中央に紅紫色
の大きな班点がある。
ハマウツボハマボウフウを観察した
砂浜に群生していた。


     新潟県上越市 2006.6.5

トップページへ  前ページへ