マルバミヤコアザミ


長野県居谷里湿原 2006.9.5 画像をクリック
         マルバミヤコアザミ
キク科トウヒレン属
Saussurea maximowiczii var. platyphylla

ミヤコアザミの変種
山地〜亜高山帯の草原などに生える
高さ50〜150cmの多年草。
葉は母種ミヤコアザミのように分裂せ
ず、単葉なのが特徴。
頭花は直径約1cm、総苞は細い筒形、
総苞片の外片は卵形。
総苞の高さ10〜12mm、痩果は長さ約
4〜5.5mm、内列冠毛は7.5〜9mm。
湿原近くの林床に自生していた。


長野県居谷里湿原 2006.9.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ