マルバウツギ


山梨県 2015.6.1 画像をクリック
        マルバウツギ
ユキノシタ科ウツギ属
Deutzia scabra

低地〜山地の川岸や林縁などに生える
高さ1〜1.5mの落葉低木。
葉は対生、葉身は長さ3.5〜6cmの楕円
形〜卵形、縁には浅鋸歯がある。
4〜5月、枝先に円錐花序をだし、白色の
清楚な花を上向きにつける。
タンザワウマノスズクサを観察した近くに
自生していたが、花期を過ぎていた。


    山梨県 2015.6.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ