タンザワウマノスズクサ


山梨県 2015.6.1 画像をクリック

山梨県 2015.6.1 画像をクリック

山梨県 2015.6.1 画像をクリック
       タンザワウマノスズクサ
ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属
Aristolochia kaempferi var. tanzawana


関東地方〜東海地方に分布
山地の林内や林縁などに稀に生える
つる性の落葉小低木。
葉はやや厚く、円形〜三角状楕円形
で長さ10〜15cm、基部は心形。
幼い株の葉は基部が左右に張り出し、
耳状の円形になる。
葉裏の脈上に開出毛が密生する点も
オオバウマノスズクサとの区別点。
5〜6月、葉腋に黄色で内側が茶褐色
の縞模様の花を1〜5個つける。
産地は少なく、中々、出合えない。


    山梨県 2015.6.1 画像をクリック

       (葉裏の脈上に開出毛が密生)
    山梨県 2015.6.1 画像をクリック

        (幼株の基部は耳状の円形)
    山梨県 2015.6.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ