マルミノウルシ


埼玉県秩父市 2004.3.7 画像をクリック

埼玉県秩父市 2005.3.3

埼玉県秩父市 2006.3.2

埼玉県秩父市 2006.3.12

埼玉県秩父市 2007.2.15 画像をクリック

(別名ベニタイゲキの名に相応しい芽生え)
埼玉県秩父市 2009.2.9 画像をクリック

埼玉県秩父市 2010.2.22 画像をクリック

埼玉県秩父市 2014.2.28 画像をクリック

長野県 2015.4.14 画像をクリック

(大群落)
長野県 2015.4.14 画像をクリック

埼玉県 2017.2.8 画像をクリック
       マルミノウルシ
トウダイグサ科トウダイグサ属
Euphorbia ebracteolata

別名:ベニタイゲキ
北海道、青森、岩手、宮城、群馬、埼玉、
東京、長野、三重の9都道県に分布
山地や丘陵地の林床、林縁にやや稀に
生える高さ40〜50cmの多年草。
葉は互生し、長さ7〜8cmの長楕円形。
3〜4月、黄緑色の杯状花序をつける。
和名はいぼ状の突起のない丸い刮ハが
つくことに由来する。
別名は茎や葉が紅色を帯びることから
名づけられた。
秩父では日当たりの良い民家の裏山に
群生しているが、地元の感心は薄い。
地味の植物であることが、今日まで生き
延びてこれた要因かも知れない。
付近には珍しいステゴビルも見られ、自
然環境は良好である。


              (果実)
   埼玉県秩父市 2003.4.25 画像をクリック

      埼玉県秩父市 2004.3.7

   埼玉県秩父市 2006.3.12 画像をクリック

      埼玉県秩父市 2007.2.15

    埼玉県秩父市 2008.3.12 画像をクリック

    埼玉県秩父市 2009.2.9 画像をクリック

   埼玉県秩父市 2010.2.22 画像をクリック

   埼玉県秩父市 2014.2.28 画像をクリック

            (未熟な果実)
   長野県 2015.4.14 画像をクリック

             (未熟な果実)
   長野県 2015.4.14 画像をクリック

   埼玉県 2017.2.8 画像をクリック

トップページへ  前ページへ