フイリミドリヒナスミレ(仮称)


群馬県 2009.4.17 画像をクリック

群馬県 2013.4.11 画像をクリック
       フイリミドリヒナスミレ(仮称)
スミレ科ミヤマスミレ類
viola tokubuchiana var.tokedana f. variegata
(学名不詳 上記学名はフイリナヒナスミレ)

山地の落葉樹林の縁など半陰地から陰地の
腐食地に稀に生育するスミレ。
葉は長卵形〜披針形、基部は心形、花弁の
縁は波状、側弁基部に疎らな毛がある。
原色日本のスミレ(誠文堂新光社 浜栄助著)、
増補改訂 日本のスミレ(山と渓谷社 いがり
まさし著)、信州のスミレ(ほうずき書籍 今井
建樹・伊東昭介共著)にも記述はない。
ミドリヒナスミレ (仮称) の近くに1株見られた
が、唇弁は開いていなかった。(2009)


    群馬県 2009.4.17 画像をクリック

    群馬県 2013.4.11 画像をクリック

トップページへ  前ページへ