ミネウスユキソウ


群馬県至仏山 2005.8.8
         ミネウスユキソウ
キク科ウスユキソウ属
Leontopodium japonicum f. shiroumense

上越国境、北ア、中央ア、南ア、八ヶ岳など
に分布する日本固有種。
亜高山帯〜高山帯の開けた草地や礫地に
生える高さ15〜30cmの多年草。
頭花は数個がかたまってつき、柄はないか、
あってもごく短い。
八方尾根には葉が細く、斜上するハッポウ
ウスユキソウ
が自生する。
谷川岳、北岳の草地や礫地には多い。

トップページへ  前ページ