ミヤマイラクサ


長野県小諸市 2008.10.1 画像をクリック
       ミヤマイラクサ
イラクサ科ムカゴイラクサ属
Laportea macrostachya

山地の陰湿な林内や林縁などに生える
高さ40〜80cmの多年草。
ムカゴイラクサと同様、茎や葉に刺があ
るのが特徴で、触ると痛い。
葉は互生、 長さ6〜15cmの広卵形、先
は尾状に伸び、縁は深く切れ込む。
7〜9月、雌花は上部の長穂につき、雄
花は白色、葉腋に円錐状につく。
上信国境は林縁で、容易に観察できる。


      群馬県甘楽郡 2008.10.10

トップページへ  前ページへ